≪川越市南大塚≫「腱鞘炎」の整骨院アプローチ『あかつき鍼灸接骨院 南大塚院』

query_builder 2023/11/27
あかつき鍼灸接骨院_南大塚院
ブログ画像

こんにちは!
≪川越市南大塚≫に開院している整骨院、あかつき鍼灸接骨院です。


本日は、『腱鞘炎』の説明と≪川越市南大塚のあかつき鍼灸接骨院≫でのアプローチについてお伝えします。


「腱鞘炎」は、
・腱と、腱が通るトンネルの鞘で擦れて起こる炎症である。

・手首や指の使い過ぎによって起こる。

・手首の親指側で起こる「ドケルバン病」、指に起こる「ばね指」などがある。

・腱が腱鞘の中をスムーズに通らなくなるため、曲げ伸ばしで引っかかりが生じる。
などの特徴があります。


また、我慢して症状が進んでしまうと、さらに治りづらくなる方が多い印象があります。


「腱鞘炎」に対しては、
≪川越市南大塚のあかつき鍼灸接骨院≫では、患者様の状態を評価しながら、
・患部に対する物理療法(ハイボルテージ、超音波治療)
・前腕の筋緊張を緩和させる手技療法
・運動痛の程度が強ければテーピング療法
・首、肩へのアプローチ
などにより、症状の改善を促します。


患者様の症状や状態によって、適切な治療方法は異なりますので、
≪川越市南大塚≫ に開院している整骨院、あかつき鍼灸接骨院にお電話やLINEにて、お気軽にご相談ください!

----------------------------------------------------------------------

株式会社 あかつき

住所:埼玉県富士見市東みずほ台2-2-11パールヴィラ1-A

----------------------------------------------------------------------